お好み美肌水

お好み美肌水

アロマテラピー(香気療法)が流行しています。難しいことを言ったり書いたりして、
権威づけが行われていますが、嗅いでみて自分の好みに合えばよいと私は考えています。
私のささやかな経験では、ハッカ油と墨と香り線香があれば十分ではないかと思いま
す。

 

いろいろなオーデコロン、香水(パルファン)も発売されています。高価なものを選ぶ
のではなく、自分の気に入ったものを選ぶとよいでしょう。高価だからよい香りというわ
けでもありません。

 

一方、無添加、無香料をうたって高価な化粧品が出回っています。何が無添加なのかわ
かりませんが、無添加、無香料ならそのぶん材料費が不要ですから、そのぶん安くてもよ
いはずなのに、かえって高価だから変な話です。宣伝、広告で執拗に無添加無香料をうた
って高価であったら、ちょっと疑ってみることも大切です。

 

香料や添加物、指定成分などすべてが悪いのではありません。あなたの肌に合わない添
加物や香料が具合が悪いだけのことです。
香気は気分、雰囲気を変える作用があります。上手に利用したいものです。
美肌水は安価、しかも自分で作りますから安心なのですが、なんら神秘的なところがな
く、「高いから効く」などという価格構造による価格効果は全くありません。

 

美肌水のスベスベ効果、しっとり効果はすべて化学構造による科学効果なのです。スベ
スベ効果やしっとり効果を、市販の化粧水と比べてください。
化粧品は薬剤とは異なり、感性に訴える面があります。手作り美肌水にも感性的な面
が、好みに応じてあってもよいと思います。

 

美肌水で十分満足できたら、美肌水に自分の好みの香料、精油(アロマエッセンス)や
香水やオーデコロンを少しずつ加え、着香して、自分の好みの香りをつけたお好み美肌水
を作ってみましょう。生活のリズムに合わせて何種類かのお好み美肌水を作ってみてはい
かがですか。従来は化粧品メーカーの一方的な香りをかがされてきました。これからは手
作りお好み美肌水を作り、場面に応じた香りを楽しんでみたらいかがでしようか。

 

ただ、香料には光化学アレルギーの原因(アレルゲン)、光毒性のあるものも多いので
注意を要します。香水やオーデコロンを垂れないようにして耳の後ろに使用するのは、光

 

が当たりにくく、万一、光アレルギー反応や光毒性反応によって光接触皮膚炎が起きても、
日立たなくするためです。手の甲で安全性を確かめてから使ってみてください。もし不幸
にして手の甲にシミ(色素沈着)が起こったら、ステロイド剤を薄く塗り、美肌水を何回
も塗っていればやがてはよくなるでしょう。

 

ときに高価な化粧品のコマーシャルに誘惑されそうになったら、手作り化粧水=お好み
美肌水を基準として試してみるのもあながち悪いことではありません。
高いからよい化粧品、よい化粧品だから高い、と思わないことが大切です。
二十一世紀は、肌に合った化粧水を自分で作る時代にしたいものです。

 

参照元:奇麗な肌づくり